TOPわん旅行 ≫ 高知~香川へ。

高知~香川へ。

今回のお宿は、道の駅たからだの里。
そう!車泊です。
香川では、2か所お気に入りの温泉付き道の駅があります。
今回は、父ちゃんがこっちが良いと言ううのでたからだの里。
早目に着いて、温泉入って夕食と言ううか
鱈腹生ビールいただきました。
昨夜のビールを、燃焼するべく
本日は、金毘羅さん参りへ。

階段が大好きっ子ゆめは、ヤッホーイと上って行きます。
一方ひなは、ねねたんを気遣いゆっくりお付き合い。

P1080830 (377x283)

先に行っては、ねねたん達を待っててくれる
父ちゃん、ゆめペアー。

P1080831 (377x283)

昨夜のビール飲み過ぎたねねたん
本日も、足手まといでいます。
足の疲労に、身体の重さが加わり
ちんどいちんどい

だけど、

P1080834 (377x283)

かりんも実ってました。

P1080838 (377x283)

金毘羅さんは2年振り。
神馬の月琴(げっきん)さんも11歳、2歳年が増えました。

P1080840 (283x377)

こんぴら狗さんの前で記念写真。

P1080845 (283x377)

日曜日で、気候が良くなったと言ううのに
意外に、空いててビックリ。
海外の方が増えてたのも、段々慣れてきた気もする。

P1080849 (377x283)

神社だけど、お決まりの「ぼんさんがへをこいた。」も。

P1080852 (377x283)

順番でお手々綺麗にしに行ってる間は
ピーピー言いながらも待ってます。
参拝者さん達からは、沢山お褒め頂きました。

P1080853 (377x283)

後133段。
むちゅめ達に、疲労と言うう言葉はないのか
早く行きたそうでした。

P1080856 (377x283)

少しリードを緩めると、ドンドン上って行っちゃう。

P1080858 (377x283)

登りきると、途中ご一緒だった沢山の参拝社さん達に
偉いな!
ホンマのこんぴら狗やねって褒めて頂きました。

P1080861 (377x283)

P1080863 (283x377)

父ちゃんは、奥社まで行きたかったみたいだけど
今回父ちゃんも、足にダメージがあるので断念。

P1080867 (377x283)

ねねたんは、自分が下りるのがやっとこそなので
むちゅめ達は、父ちゃんと。

P1080871 (377x283)

あまり気にしてなかったんだけど
今回は、一円玉を浮かせているのに気付き
我が家も、挑戦しました。

ねねたんは、3枚挑戦全て浮きました。
調子に乗って、5円・10円・100円もやっちゃった。
言ううまでもなく、此方は無理でした

P1080874 (377x283)

金毘羅さんの紅葉は、もう少し後の様です。

P1080879 (377x283)

P1080881 (377x283)

昨夜のおビール完全に燃焼したって思ってたら
上手い具合に、「ほ~れ・ほ~れ」

P1080883 (283x377)

しかも!
ご丁寧に、冷えてますと

P1080884 (377x283)

我慢!
我慢して、おうどん頂きに何時ものお店吉田屋さんへ。

お外だと、ワンOKですが一応確認してみて下さい。

P1080885 (377x283)

むちゅめ達は、おやつだけどっ。

P1080891 (377x283)

少ぅし待っててねん

P1080886 (377x283)

デザートに、和三盆とおさつのソフトクリーム。
ねねたんのは、バージョンアップでおいり付き。
「おいり」とは、香川の伝統菓子です。

P1080896 (377x283)

ひなたんにも、お裾分け

P1080897 (377x283)

今回も、はちみつ屋さんのお店前の駐車場に止めたので
そちらのベンチで、ソフト食べてたら、やだーうちの看板ワンになれるねっ!
って沢山写真撮って頂きました。

ゆったんも、沢山撮って貰ったねっ

P1080900 (377x283)

ちょいとお土産買ったり、散策したりしてたら
又、お腹がぺこりんなので
今回は、お初のおうどん「灸饅うどんさんへ」

物凄く弾力のあるおうどんで
これまたお初の、高野豆腐の天ぷら頂きました。

この間、むちゅめ達は車でお留守番です。

P1080902 (377x283)

香川へ来たら、出来るだけ沢山のおうどん屋さんに行きたいので
小をお願いするのが、今回あんまりおうどん頂かなかったし
最後だしと、大をお願いしたら食べ過ぎた。

眠らない様安全運転で帰って来ま~す。

讃岐富士(飯野山)。
P1080905 (377x283)

今回の走行距離680㌔でした。
美味しいの沢山食べて、お天気に恵まれました。
今度、どこいこ
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL